早漏と遅漏について

早漏対策のために仮性包茎の治療を行いたい、という男性は少なくありません。
包茎は通常時、亀頭が皮に覆われているので、亀頭は刺激に弱く敏感になります。そのため、性行為を行うと刺激が強すぎてすぐに達してしまう、ということです。

女性に呆れられないためにも早漏や包茎を治したい、という気持ちは理解できます。
しかし仮に、包茎を治療して早漏が解消されたとしても、安心するのはまだ早いです。

亀頭が常に外に出ていることで感度が落ちるということは、逆に遅漏となってしまう可能性が高まったということになります。

性行為は長ければ長いほど良い、というものではありません。
男性も女性も体力的に疲れてしまえば、射精することなく行為を終了することにもなりかねません。これでは結局、満足のできる性行為だとは言えませんよね。

例えば、早漏・遅漏ともにオナニーの仕方でも改善することが可能です。
むしろオナニーが原因で早漏・遅漏に悩まされている場合、それらの悩みは包茎治療だけでは解決しないことになります。

早漏が気になっている男性は、日頃から耐性をつけておけば、いざという時に簡単に達してしまうことは防げるでしょう。まずはできることから始めてみませんか。