包茎手術の必要性

陰茎(ペニス)は非常に敏感な部分です。不衛生にしていたり、包皮の締め付けが強すぎたりすると、日常的機能に支障をきたす可能性もあります。

重い症状が見られる場合は、健康保険制度の適用で治療を行うことも可能です。
深刻なカントン包茎・真性包茎に悩んでいる人は手術を検討してみましょう。

逆に、見栄や早漏の心配から仮性包茎を治療したい人は、必ずしも包茎手術が必要ではありません。保険外の治療となってしまうため、高額な手術費用が請求されるのも痛手です。

日本人は「包茎なんて恥ずかしい」と思う傾向にあります。
しかし実は、日本人の約7割が仮性包茎だと一般的に言われているのです。他の人と違うことが恥ずかしい、といった見栄であれば、決して恥ずかしいと思われる割合ではないと言えるでしょう。

包茎の治療に関して、矯正器具などを使用する人もいますが、これは十分に注意して行ってください。
敏感な皮膚を傷つけて炎症を起こしたり、カントン包茎の症状を誘発したりといったケースもあります。
ただ皮被りを治したかっただけなのに余計に陰茎の症状を悪化させてしまっては、元も子もありません。陰茎はデリケートな部分なんだ、という認識をしっかりと持つことが重要です。