包茎の種類とリスク

ある一定の年齢を過ぎた男性は、自分が包茎かどうかという問題を一度は考えるはずです。
しかし、包茎は何が問題なのか、どうして恥ずかしいと感じるのか、説明できる人はどれほどいるでしょうか。

包茎とは、男性の陰茎(ペニス)の先端、つまり亀頭が包皮に覆われている状態です。
包茎には大きく分けて3種類あります。
まずは自分のタイプを認識するところから始めましょう。

○仮性包茎
通常時は亀頭の一部、または全てが包皮に覆われており、手でむいたり勃起したりした際には亀頭が露出します。最も多い包茎のタイプです。人によってレベルが異なり、勃起時にも皮をかぶったままという重度の仮性包茎もあります。

○カントン包茎
亀頭は露出しますが、包皮の輪が小さいために強い締め付けが伴います。通常時は平気でも、勃起時には締め付けによる痛みや違和感を覚える場合もカントン包茎です。

○真性包茎
包皮の輪が非常に小さい、または亀頭と包皮が癒着してしまっている、といった理由から、通常時であっても手でむくことができません。亀頭が露出できないタイプです。

包茎はそのままにしておくと、リスクを伴うことがあります。
亀頭のカリ部分に恥垢が溜まりやすいため、そのまま放置してしまうと不衛生です。悪臭や炎症野原因となるばかりか、性病にかかるリスクも伴います。
また亀頭が普段から露出していないため刺激に弱く早漏の原因です。

仮性包茎の場合は、自分の手でむいて清潔に保つことも可能ですが、カントン包茎や真性包茎はそれが簡単ではありません。場合によっては手術を行う必要もあります。

しかし、包茎そのものは病気ではありません。
決して過剰に臆病になる必要も、恥ずかしいと感じることもないのです。

ここで今一度、包茎に対してどう向き合っていけば良いのか、考えてみませんか。